マンスリーマンションの特徴とは?その魅力についてご紹介

全国で借りることができる

近年、マンスリーマンションに高い人気が集まっています。賃貸物件に区分されますが、数か月ほどの短期入居を受け付けているのが主な特徴です。増えつつある利用者に応えるように物件数も全国的に増加傾向にあり、単身赴任や出張、観光など利用者の幅広い目的にも対応しています。国内でも簡単に借りられる物件として広く認知されているようです。短期間の滞在先という性質もあり、どこでも手軽に借りられるというのは大切な魅力の一つですね。

家具家電付きの整った設備

マンスリーマンションには、日常生活を送るために必要となるさまざまな家具や家電が部屋に備え付けられています。収納やベッド、冷蔵庫、調理家電、洗濯機などがそろっているため、住むために新しく購入する必要はありません。そのため、家具・家電を揃えるコストを削ることができます。また、引っ越ししたいと思ったときに、新生活をすぐに始めることができます。

敷金・礼金がかからない

引っ越しをする際に、初期費用として重くのしかかるのが「敷金・礼金」です。普通のマンションやアパートに引っ越す場合は、賃貸契約時に通常それぞれ賃料一か月分程度の敷金と礼金が必要になります。たとえ家賃が7万円の物件を借りるとしても、初期費用はその数倍に膨れ上がるのです。その点、マンスリーマンションは基本的に敷金・礼金がかかりません。初期費用を抑えられるのは大きな魅力ですね。

24時間のサポート体制

多くのマンスリーマンションは、入居者が快適な生活を送ることができるようにサポート体制が整っています。24時間無料で電話対応してくれるサポート体制が提供されていると、住人側としても安心できますよね。サポート内容としては、専有部分のトラブル(鍵の紛失など)への対応はもちろん、物件によっては共有部分で起きたトラブルの解決にも動いてもらえることがあります。

PAGE TOP▲