マンスリーマンションには種類がある|それぞれの違いとは

専業型

実は、マンスリーマンションにはいくつかの種類があります。それぞれの特徴や違いを解説したいと思います。まず紹介するのは、専業型と呼ばれるタイプのマンスリーマンション。こちらはマンスリーマンションとして利用するために新築された物件です。マンスリーマンション用の建物なので、短期間の入居者にとって一番便利な設備が用意されています。

分譲型

次は、分譲型と呼ばれるタイプのマンスリーマンションです。元々は普通の分譲マンションとして建てられたマンションの部屋を、マンスリーマンションとして経営している形式になります。そのため他の部屋の住人は、短期間の入居者とは限りません。分譲マンションとして販売されていたマンションなので、豪華な物件が多いようですがその分料金も割高となっています。

空室活用型

こちらは普通の賃貸マンションをマンスリーマンションに転用しているタイプで、空室活用型と呼ばれています。賃貸マンションの空き室を利用しているだけなので、他の部屋の住人はマンスリーマンションとして利用しているわけではありません。似た形式の分譲型より、元々の部屋のグレードが低いこともあり、料金は安価に設定されていることが多いようです。

ホテル型

マンスリーマンションとホテルの特徴を持った存在です。マンションという形ではあるものの、ホテルのような食事やサービスが提供されるため、利便性が高いタイプと言えるでしょう。また、駅から近い物件が多いというのも魅力の一つです。マンスリーマンションの利用を検討している方の中でも、短期間の利用を考えている人に向いているのがホテル型です。

PAGE TOP▲